コロナウイルス感染症関連

【コロナ関連】日本政策金融公庫:新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症特別貸付

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的に業績が悪化している方向けの融資が日本政策金融公庫からあっています。

日本政策金融公庫 新型コロナウイルスに関する相談窓口のご案内
詳しくはコチラ https://www.jfc.go.jp/

新型コロナウイルス感染症特別貸付の手続きはどうやってするの!?

申込(郵送かインターネットで)

面談(資金の使い道や事業の状況について聞かれます)

融資(借用証書など契約手続き完了後、希望口座へ送金)

提出書類

個人営業の方

  • 借入申込書(書類2枚)
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書一式のコピー
  • ● 初めてご利用の方は以下も必要です

  • 商売の概要
  • 創業計画書

法人営業の方

  • 借入申込書(書類2枚)
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書・決算書のコピー
  • ● 初めてご利用の方は以下も必要です

  • 法人の履歴事項全部証明書または登記簿謄本の原本
  • 商売の概要
  • 創業計画書

上記の書類を準備してからの申込みになり、さらに面談まであってからの融資です。
一向に終息しないコロナが与える影響はとてつもなく、連日たくさんに方から問い合わせがあっているようで多くの相談が集中し、窓口がたいへん混み合っています。
こんな状況では、危機的な状況を乗り越えるための融資でも、間に合いません。

特別貸付だからと言って、利息がないわけでもありませんし、一部の対象者については、当初3年間が無利子となる予定とされていますが、日々状況が変わる中で本当に無利子なのかどうか...

本当にお金に困っている状況の中、あれこれと準備するには時間がいくらあっても足りません。
最短即日で融資ができるところをあたってみる方が賢明ではないでしょうか!?

今すぐに事業資金が借りれる可能性があるところ

事業資金の調達方法にはビジネスローンとファクタリングがあります。
日本政策金融公庫のように、準備する書類はたくさんではないですし、この時期に面談なんて危険なことはしていません。

大変な時期ですから、売掛金が回収できていないところもあるのでは!?この売掛金を現金化すること(ファクタリング)も可能です。

参考

ファクタリング会社はコチラの2社!

事業者ローンを専門としているところもありますし、参考にされて下さい。日本政策金融公庫ほどお待たせすることはありません。

参考

ビジネスローン取り扱い会社一覧はコチラ!

新型コロナウイルスの感染者数はうなぎ登りで、毎日同じニュースばかりが流れ、どうしようもない2020年になっています。
自粛を促すばかりで後からあとからの対策。中国や諸外国の爆発的な感染状況を鑑みて、こんな状況になる前に、どうにかできなかったのか政府さんよと思ってしまいます。

閉店に追い込まれているお店や倒産寸前の会社、経営悪化で危機的な状況に陥っている所がたくさんあるのに、いまだ何も支給されず...
そして、苦しいのは企業だけではありません。休校で子どもたちが家にいることで、仕事を休まざるを得ない方、辞めることになった方もいると思います。内定取り消しになった学生さんいると聞きますし。

お金さえあれば乗り越えられることってあると思うんです。もちろん、お金があってもダメなこともありますが。
いつになるかわかりませんが、コロナが落ち着いた時に、がむしゃらに働いて稼ぐことだってできます。そしたら、借りたお金も返していくことができるんです!

Copyright© キャッシングードットコム , 2020 All Rights Reserved.